さあ、我を導きたまえ

ITに特化した知識を吸収することで、エンジニアとしての質が飛躍的に向上していく気分になる方が少なくないでしょう。昔から知識は人を救うものだと言われているため、ともすれば生きるための力をつけるために、知識の習得をより一層意識するようになるIT技術者がいると思うのです。知識が人生を切り開く上での呼び水になることが往々にして考えられて、ともすれば知識の質によっては一発逆転を呼び起こすことがあるかもしれません。

これまでに無かった斬新な発想を生み出すことで、見事に窮地から脱したエンジニアが多いと考えられて、その発想を形作る基となる知識が自分の運命を劇的に変えると言っても過言ではないのです。IT知識の習得を続けていくことで、エンジニアとして意義のある経済活動をしていこうとする意欲が高まっていくと思い、その知識が自身の進化形を創造させるきっかけになっていくと感じます。

IT知識の豊富さがエンジニアの価値観を決定づけていくものだと信じているエンジニアがおられると思うのです。ひいては情報を扱う資格のある人材としての自尊心を確固たるものにしていき、いかにも賢さが際立つエンジニアになったかのような気分になるのではないでしょうか。エンジニアとして通用するための知能指数を上げるために、色々なIT書物を読み漁っていくエンジニアがいても不思議ではないと思い、インテリな自分になることを心から願っているように感じさせていきます。

豊富なIT知識を身につけて、フリーランスとしてとして独立しようと考えるエンジニアがいると思うのです。「俺は今日からフリーだ!このIT知識を武器にしてたくさん仕事を取ってやる!」と自らを鼓舞させる姿が目に浮かんでくるように思い、そのIT知識がいきいきと仕事に向かっていく原動力になっているといっても過言ではないでしょう。ただ、フリーになると仕事そのものだけでなく経理や事務的なことも自分で行わなくてはならず、その難しさと煩雑さに呆然と立ち尽くす人も少なくないと思うのです。そういうときこそITスキルを駆使して情報収集べきでしょう。
例えば青色申告ならこのサイトが参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です